多重債務に陥ったので債務整理をしました

少し前の事ですが、多重債務に陥ったので債務整理をしました。知らないうちにというか、だんだんと借金が積み重なっていき、気が付くと返済不能と思えるようなところまで借りてしまっていました。弁護士事務所に相談にいくと債務整理をすることを薦められたので、これに応じて債務整理をしました。

 

これで借金が少し減って楽にはなりましたが、まだまだこれから返済はしていく必要があります。債務整理というと、借金がチャラになるようなイメージがありますが、実はそうではありませんでした。チャラになってくれればどんなに楽なのかという事も思いますが、なかなかそんなことは出来ないようでした。当然と言えばとうぜんですが、これからのこった債務を返済していく必要があります。

 

まだまだこれからが大変なようなので、今以上に頑張るつもりです。今は返済の見込みもついているので、気分的にはかなり楽になっているのは債務整理をして良かったところです。多重債務に陥っている時はどうすればいいのか、何をしたらいいのかが常に分からなくなっている状態であまりにも精神的に不安定な状態になっていたので、この状態を変えられたという事はやって良かったというように思っています。

返済に困っていて債務整理した

複数のローン会社にお金を借りており、毎月の返済が滞りがちになっていたのでどうしようかと悩んでいました。最初は1社だけだったのですが、段々と借金額が膨らむ形になってしまい、自分ではどうすることもできなくなったため債務整理を行うことにしたわけです。

 

しかし、債務整理は自己破産のことかと漠然と考えていたので躊躇していたのですが、弁護士の方に相談したら自己破産することなく、借金の返済を計画的に行うことを主眼とするものだとの説明がありました。つまり、弁護士の方を間に立て、返済しやすくなるように月々の返済額を一定額に決めたり、利率を低くしてもらえるようにローン会社に対して交渉してもらえたりするようです。

 

一番良かったのは、債務整理を始める最初から終わりまで、弁護士の方が間に入ってくれたことです。自分1人だったらとてもローン会社と話をつけたりすることはできませんでしたし、返済計画も立てられなかったです。また、毎月いくら支払っていけばいいのか、いつまでに返済が終わるかを具体的にわかりやすく書面で説明してくれましたので、安心して任せることができました。おかげで精神的にも負担がなくなり、債務整理をして良かったです。